新着情報

2013年7月11日 ショートカットキーを使いこなしていますか?


毎日のように使っているパソコンですが、よくよくキーボードを眺めてみると「このキーは何のためにあるんだろう?」と思うことがあると思います。 何年も使っているパソコンのキーボードでも、「このキーは一度も押した記憶が無い」というキーもあるのではないでしょうか。 そういったキーの多くはファンクションキーと呼ばれる特別な機能を割り当てられたキーだと思います。 キーボードの上部に並んだF1・F2といったキーやコントロールキー、シフトキーなどをまったく使わないという人もいるでしょう。 こういったキーはたしかにパソコンにマウスが接続されていれば使わなくても済みます。 しかし、マウスの接続されていないノートパソコンを使うときなどは、コントロールキーを活用することで操作が何倍も快適になります。 そこで、操作を快適にするショートカットキーをいつくか紹介してみましょう。 パソコンソフトを使っていて操作方法がわからないという時があると思います。 そんな時には「F1」を押してみましょう。 ほとんどのソフトではヘルプ表示のショートカットに設定されているので便利です。 また、「Ctrl+F」も便利なショートカットキーです。 これはページ内検索を呼び出すキーです。 ある言葉の意味を知りたくて検索サイトから目的のページにとんだけれど、文章量が多くて探している言葉が見つからないということがあると思います。 そんなときに、「Ctrl+F」で検索欄を呼び出して探している言葉を入力すれば、その言葉の位置にジャンプしてくれます。 これも覚えておくと非常に便利です。

諦めずにもう少し頑張ってみよう

ほとんどの女性がバストに関して何らかの悩みを持っているといってもいいと思います。 日本人女性の場合は、バストが小さいことで悩んでいる人が多いようです。 若い女性でもバストのことで悩んでいる人はとても多いようです。いや若いから悩むというのでしょうか?
正直、あとから考えれば大きかろうが小さかろうが見た目が少々違うだけだったな・・・!と思う日が来るのでしょうが、若いころにはなんで私は・・・。と思ってしまうんですね。


ある程度年齢を重ねている女性からすれば、若い女性のバストの悩みが小さなものに感じられるのかもしれません。
というのも、若い女性はバストの形がとてもきれいだからです。 下垂することもなく、とてもきれいな形をしているのだから、そんなに悩む必要はないって思ってしまいます。 しかし、若い女性であってもバストが大きい場合は、若くてもバストが下垂していることもあるんです。 バストがあまりにも大きくて下垂してしまうということですね。 実は、バストが大きい人にも悩み事は多くあるのです。
下垂しやすいということもあるでしょうし、バストが大きいことで目立つことが嫌だ!という人も多くいます。 小さければジロジロと見られることはなくて悲しいし、大きければジロジロ見られることが嫌に思う。
バストが大きくても大変なようですが、小さいよりは大きいほうが良いと思ううのは間違いです!


世の中には色々なバストアップ方法がありますが、いろいろ試したものの、あまりバストアップできている実感がないという人も多いはずです。雑誌などでバストアップ方法が取り上げられていて、その方法を実践するけれど、うまくいかないという経験がみなさんあると思います。 モニターの人はうまくいっているのに、自分はうまくいっていないって感じる人は多いでしょう。 すぐにバストアップが目に見える形でできるというわけではありません。 自分でやるバストアップは、どうしても時間がかかってしまうために途中で挫折してしまってうまくいかないことが多いでしょうが、根気よく続けていくことが大切です。ダイエットと同じですね。


効果が出る前にあきらめてしまうからバストアップできないんです。 また、自分に合っている方法がわからないということもあるかもしれません。 まずは、これだと思ったバストアップ法を根気よく1か月くらいは続けてみてください。 なんとなくバストにハリが出てきたとかちょっとした変化を感じることができるかもしれません。 また、正しくケアできているかということも確かめてください。 正しくケアしないとバストアップはうまくいかないですよ!